後遺障害により被害者に生じた仕事、日常生活への影響を詳細に主張し、正当な逸失利益を獲得した事例

後遺障害等級
10級
傷病名
肩鎖関節脱臼
保険会社提示額
8,580,000万円
最終獲得額
25,050,000万円
被害者 50代 会社員 男性
部位 右肩
傷病名 肩鎖関節脱臼
後遺障害等級 10級
獲得金額 約2500万円

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 なし 10級
入通院慰謝料 740,000 1.920,000 1,180,000
休業損害 390,000 390,000 0
逸失利益 2,740,000 14,400,000 11,660,000
後遺障害慰謝料 1,870,000 5,500,000 3,630,000
入通雑費 2,800,000 2,800,000 0
交通費 なし なし
治療費 40,000 40,000 0
過失相殺 0
合計 8,580,000 25,050,000 16,470,000
単位:万円

事故・怪我の状況

バイクに乗車中、駐車場内において、四輪車に衝突された事故。バイク転倒により、肩を骨折し、骨の変形、可動域制限が生じた。

解決までの流れ

示談前に知人より弁護士に相談をしておいた方がいいと言われ、漠然とご相談に来られました。

特に相手保険会社に不満もなく、弁護士に依頼する利点すらご認識のないままご相談に来られました。

相手保険会社の最終残金支払金額が、既払い額を控除すると、約150万円であり、示談交渉においては、示談金額の歩み寄りを見せる気配がなかったため、紛争処理センターに申立てをしました。

同センターでの仲裁手続きにおいては、事故前後における日常生活、仕事に生じている具体的な支障を詳細に主張し、相手の最終残金支払金額を約10倍以上に上昇させることができました。

保険会社によっては、極めて低額な示談案を提示し続けてくるため、粘り強い主張、立証が必要になることを再認識しました。

その他の解決事例

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-949-213
24時間受付 メールでのご相談はこちら