弁護士介入で慰謝料が大幅に増加した事案

後遺障害等級
なし
傷病名
頸部捻挫
保険会社提示額
8万円
最終獲得額
41万円

ご相談内容

被害者 60代男性
部位
傷病名 頸部捻挫
後遺障害等級 なし
獲得金額 41万円

慰謝料金額に納得がいかないとのことで、ご相談を頂きました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 なし
入通院慰謝料 7.5 41 33
休業損害 0 0 0
逸失利益 0
後遺障害慰謝料 0
交通費 0.5 0.5 0
合計 8 41 33
単位:万円

相手方保険会社提示金額を聴取の上、弁護士基準で算定し、相手方と慰謝料金額、休業損害を交渉しました。

解決内容

通院日数が、極めて少なく、慰謝料の大幅な増額は難しいと考え、休業損害の交渉を試みましたが、役員の立場にあることから、慰謝料増額に特化して交渉したところ、慰謝料が大幅に増加しました。

所感(担当弁護士より)

通院実日数が極めて少なく、慰謝料の増額自体が難しいと思われましたが、粘り強く交渉したところ、当初提示金額よりも大幅に増加した事案です。実日数が10日以下でも、慰謝料が増加する可能性があることを確認できた事案です。

その他の解決事例

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-949-213
24時間受付 メールでのご相談はこちら