交通事故問題は弁護士に早く相談すべきなのか?相談のタイミングと流れについて

交通事故問題について弁護士へのご相談を検討されている方もいらっしゃると思いますが、適正な示談金を得るためには相談のタイミングはとても重要です。

当事務所では、弁護士費用を増額分からのパーセンテージ制(一部固定費あり)をとっているため、どのタイミングでご相談いただいてもいただく費用は変わりません。

これは、なるべく早くご相談いただいたほうが、同じ料金でもより幅広いサポートが受けられるということです。

ここでは、弁護士に相談すべきタイミングや、早期相談の重要性についてお伝えします。

交通事故問題の依頼は早ければ早い方が良い

結論から申し上げますと、交通事故に関する相談や依頼を弁護士にするタイミングは「早ければ早い方が良い」です。

示談段階でようやく弁護士に相談する人が多いですが、治療中などの早い段階でサポートに入ったほうが等級認定などを見据えた総合的なサポートを行えるようになりますので、できる限り早めに相談するようにしてください。

時系列別で見る弁護士ができるサポート

以下、事故直後からの流れとサポート内容について整理してみましょう。

※事務所によっては相手方保険会社からの賠償金額の提示があるまでサポートを行わないこともあると耳にします。

事故直後~治療開始するまで

事故直後の対応は行なっていない事務所もあるようですが、当事務所では事故直後からのサポート体制を整えています。

具体的なサポート内容は、今後の見通しの説明、残しておくべき証拠の説明、証拠の残し方や、通院時の注意点の説明、必要な検査のアドバイスです。

これらは今後の等級認定を見据えたものもあり、通院の様子は申請を行う際に重要な情報となります。

また、場合によっては過失割合で争うことを想定し、現場の証拠保全などを行います。

さらには、事故直後は、物損示談が先行するため、評価損の査定、車両時価額の査定、買替費用の算定等も行うことがあります。

治療開始~治療中の期間

治療中は、引き続き通院の仕方や必要検査に対するアドバイスを行います。

ケガの程度がある程度わかってくる頃なので、後遺障害の可能性があるようであれば、申請を見据え、必要な検査の実施の指示、提携医師によるセカンドオピニオンの聴取等、より具体的な通院アドバイスも行います。

また、治療費が打ち切りになった場合は、状況を確認した上で、必要があれば相手保険会社に支払いの延長を求めます。

症状固定になった場合には速やかに後遺障害の申請手続きに移行し、等級認定のサポートを行います。

場合によっては、後遺障害診断書の訂正、提携医師に後遺障害診断書の修正や後遺障害内容の妥当性の有無を確認したりしています。

示談開始~示談交渉

示談交渉では、手続きをご本人様に代わって行います。

相手保険会社からしつこく連絡がくることもないため、精神的ストレスが軽減されるだけでなく、日常生活への復帰にも専念していただけます。

また、示談をする際には、緻密な状況分析を行い、裁判になってもこちらが有利な立場でいられるのかを判断します。

事案によっては、裁判を選択することが被害者様の不利益になることもあるため、妥当な解決手段をご提示します。

こちらが有利な場合には裁判に踏み切れることを相手に意識させながら、示談の中で最大限の賠償金を獲得することを目指します。

逆にこちらが不利な場合には交渉の中で最大限の賠償金獲得を目指します。

どちらにしても、依頼者様が出来る限りスムーズかつ最大限の示談金を得られるよう尽力致します。

示談期の増額のために出来ることや、プラスになることはできる限り全て行うことが当事務所のスタンスです。

訴訟になった場合

訴訟になった場合も、引き続き最大限の賠償金獲得を目指します。

訴訟に持ち込むようなケースの多くは大事故があった場合(交渉と裁判で大きく賠償金が違う場合)です。

裁判は時間がかかる手続きのため、時間と増額できる金額を依頼者様に十分に説明し、裁判を行うメリット・デメリットをご説明し、納得いく形で進めさせていただいております。

なお、金額があまり上がらない場合でも依頼者様が争う意思を示すための裁判を行うことも少なくありません。

依頼者様が本当に納得できる解決を追求し、最後まで全力でサポートすることを心がけています。

死亡事故や大事故の場合

ご家族を亡くされた状況で加害者側と冷静に話し合うことは難しいですし、精神的な負担も大きなものとなります。

なるべくご負担のかからない形で事件を解決するためにも、できるだけ弁護士に相談することをおすすめします。

また、死亡事故では過失割合があらぬ形で算定されていることもあります。

これは亡くなったご本人の証言が得られないためです。

そうした状況はご遺族にとって納得いかないことのひとつとなりますから、当事務所ではリサーチ会社や交通事故鑑定人を活用しながら、事故状況の分析を行っています。

真実を追求し、納得いく形で事件が解決するように尽力いたします。

まとめ

交通事故問題は弁護士に早くから相談することで、今後どのような対応が必要となり、どのような展開になるのか知ることができます。

弁護士に相談・依頼するということは敷居が高いように感じるかもしれませんが、当事務所では無料相談も行っているので、まずは無料相談をご利用ください。

交通事故問題を得意とする弁護士が、今後必要なアドバイスを的確かつスピーディーにお答えします。

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-949-213
24時間受付 メールでのご相談はこちら