賠償額の大幅な増額は得られなかったものの、依頼者様にご満足を頂けた事案

後遺障害等級
なし
傷病名
外傷性くも膜下出血、左急性硬膜下出血、左側頭骨骨折、左頬骨骨折、上顎洞骨折、第6頸椎棘突起骨折、左視神経障害
保険会社提示額
75万円
最終獲得額
116万円

ご相談内容

被害者 80代男性
部位 頭、顔面、首
傷病名 外傷性くも膜下出血、左急性硬膜下出血、左側頭骨骨折、左頬骨骨折、上顎洞骨折、第6頸椎棘突起骨折、左視神経障害
後遺障害等級 なし
獲得金額 115万円

ご高齢者のお子様から、重体となったお父様の損害額について、納得ができないとのご相談を受けました。
後遺障害の可能性、慰謝料の増額、過失割合のご相談を受けました。

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 なし なし
入通院慰謝料 84 147 63
休業損害 0
逸失利益 0
後遺障害慰謝料 0
入通雑費 5 5 0
交通費 0.2 0.2 0
治療費 26 26 0
過失相殺 -40 -62 -22
合計 75 116 41
単位:万円

高次脳機能障害の可能性がある当初診断を受けておられましたが、後遺障害非該当との驚きの結果を受けていたため、高次脳機能障害、頸椎、目の障害につき、異議申し立ての可能性、過失割合の変更も含めて受任いたしました。
直ちに顧問医と面談し、後遺障害獲得の可能性を検討しました。
しかしながら、被害者の回復は良好で、高次脳機能の症状もなく、通院も終了していたことから、異議申し立ては断念。過失割合も、特に修正要素がなかったため、慰謝料のみの交渉となりました。

解決内容

慰謝料については、訴訟外の交渉で、依頼者が訴訟を望まなかったため、弁護士基準の95%で示談となりました。

所感(担当弁護士より)

ご相談を受けた時点で、治療が終了し、症状固定の判断を受けてしまっていたため、後遺障害獲得のためにできることが極めて少ない事案でした。やむを得ず慰謝料増額の交渉に留まり、増額総額は約40万円にとどまり、当事務所としては、消化不良の事案の印象を受けていました。もっとも、依頼者の方には、できる全てのことをやってもらったとのお言葉を頂き、ご満足を頂けました。
大幅な増額がない場合でも、依頼者様のご満足を頂けたため、気持ちよく事件を終了できた事案です。

その他の解決事例

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-949-213
24時間受付 メールでのご相談はこちら