早期受任により正しい通院方法を指導し、後遺障害14級が認定されたうえ、物損で評価損も認められた事例

後遺障害等級
14級
傷病名
頸椎捻挫
保険会社提示額
交渉前
最終獲得額
490万円
被害者 40代 女性 会社員
部位 首、腰
傷病名 頸椎捻挫
後遺障害等級 14級
獲得金額 約490万円

サポートの流れ

項目 サポート前 サポート後 増額幅
後遺障害等級 14
入通院慰謝料 105 105
休業損害 11 11
逸失利益 118 118
後遺障害慰謝料 110 110
入通雑費 94 94
交通費 52 52
治療費 0
過失相殺 0
合計 0 490 490
単位:万円

事故・怪我の状況

四輪車乗車停止中、後方から四輪自動車に追突。頸椎捻挫の傷害を受けた事故です。

解決までの流れ

むち打ち症状が強かったことから、後遺障害残存の可能性があったため、早期に受任し、通院態様(たいよう)や必要な検査を教示し、後遺障害14級が認定された事案です。
元々、評価損が認められないことに納得がいかないとしてご相談を受けましたが、後遺障害認定を受ける方がより重要であることをご説明し、必要な検査や治療に専念して頂きました。そして、示談交渉のみの人身損害だけで約400万円を獲得。
雑感としては、早期に受任し、正しい通院態様や適正な病院への通院、必要な検査を指示することが正当な後遺障害認定に繋がることを再認識した事例です。

その他の解決事例

相談料・着手金0円 完全後払い制 ※弁護士特約の場合は除く/賠償金が増額できなければ報酬は一切いただきません!

0120-949-213
24時間受付 メールでのご相談はこちら